昨日、帰りにスーパーによった。売れ残りのコロッケがおいしそういだった。奥さんと二人で食べようと思った。家に帰ると奥さんが有名なお店のコロッケを買ったと言った。コロッケ出しにくくなった。そこに佐川急便が来た。懸賞で当たった商品が北海道のじゃがいもコロッケだった。奥さんはコロッケいっぱいだねと喜んだ。ますます、コロッケを出しにくい状況になった。ぶらさげてる袋を見て、何かお土産と言われて正直に出した。奥さんもびっくりだよって顔。仕方なく、コロッケカレーを作る。大好きなメニューだが、明日もひょっとしてと思うと、素直に喜べない。が人間正直でした、有名なお店のコロッケは美味しくてすぐに食べてしまったが、売れ残りはと思ったら、意外と美味しい。それで食べ過ぎに気が付くのは夜中の事であり、朝起きたら、ちょっと思い。朝は食べずに出かける。美味しかったからいいよと思いながら、ランチに誘われる。おいしいカニクリームコロッケが有名なお店と教えられたのは並んでからの事。昨日、食べたのだよ、コロッケとは言えず、いただくが当然もう限界。そして会社に帰ると部下から美味しいパンなのでと、おやつにいただいたのが、コロッケパン。ここまで来たらと思い自宅に帰るとシーザーサラダでした。良かったと思いつつ、冷凍庫にある、懸賞のコロッケが数日後に出ないことを祈った。
新車を高く売る

  • Posted on 26. 6月 2014
  • Written by 守屋
  • Categories: 未分類
Leave a comment

「ありがとう」という言葉は、子どもの自己肯定感を育てるのに一番有効な言葉です。「ありがとう」という言葉は、お礼の言葉と同時に相手の存在価値を認める言葉なのです。「自分が人の役に立った」「自分がやったことに意味がある」と思えるからです。
「どうせおれなんか」というような子どもに限って、「君のおかげで助かった、ありがとう」というと本当に嬉しそうな顔をします。「ありがとう」と言ってもらえたおかげで自己肯定感が刺激されるので「自分みたいな人間でも少しは人の役にたっている」と思えるのです。「ありがとう」という言葉は、相手の存在価値を高める言葉です。それは最高の褒め言葉で、言われるととても嬉しいです。
子どもたちは「頭がいい」とか言われるよりも単純に「ありがとう」といわれた方がうれしいのです。
しかし、意外と子どもには「ありがとう」とは言ってないことが多いです。子どもの自己肯定感を高めるには少しのことでも「ありがとう」というクセをつけるといいです。
大人は子どもに「ありがとう」という機会はあまり多くはないので、ちょっとしたことでも子どもは嬉しいし、自分に自信がつきます。
たとえば右のものを左に変えたというだけでもいいのです。生きる原動力となるのは、大人が子どもに「ありがとう」といえることです。子どもは「自分も必要とされている」「自分もいっしょになって生きていい」と感じることで自己肯定感が育ちます。
ミュゼキャンペーン

  • Posted on 20. 6月 2014
  • Written by 守屋
  • Categories: 未分類
Leave a comment

スマホが小さ過ぎて入力し辛いと文句言う前に 、
初期の使い道から逸脱した使い方をしてる方が間違ってるよと言いたいです。
キーボードでの打ち込みをメインやらないとしていた事を忘れてると思います。
元々これは外出時にコンパクトで携帯しやすいからというのが、
選ぶ際の基準になってたので、キーボードが使いやすいかどうかは問題外でした。
安いのも確かにありましたが、其れより目的があってのことでした。
ですから本末転倒なのでしょう。
今、貯金0円なので約1万5千円で売ってる有名なタブレットに買い替えて作業したいのは山々でも、
ちと厳しいので5千円くらいのこちらも有名な中華パットに、
確か原道というのがあったと思ったのでそれ狙ってみようと思いました。
ところが消費税率アップの余波を受けてか、7千円近くまで値上がりしていたので、
どうせならと、ASUSU製の1万円台のがあったのでそっちにあっさり切り替えました。
そうすると、また今度は、あと2千円くらいで16GのNEXUS7が手に入るので、
またもやそちらに目移りしてしまいました。
ほんとに世の中金次第なんだとつくずく思い、万年金欠病の自分が情けなくなりました。
しかしこのまま4インチの小画面のを我慢して使い続けると、
絶対、将来緑内障が待ってそうなので、いい加減使うの辞めようと思っています。
ミュゼ吉祥寺

  • Posted on 11. 5月 2014
  • Written by 守屋
  • Categories: 未分類
Leave a comment

いい季節になりました。
春はやっぱりいいですね。
ぽかぽか陽気の中をぶらぶら散歩するのってすごく気持ちがいい。
愛犬と公園や芝生の上を歩いたり、子どもと手をつないで歩いたりしてると、幸せを感じます。
ただ、女性にとっては日焼けが気になりますよね?日傘をさしたり、日焼け止めを付けて日頃からケアしていかないとお肌がボロボロになってしまいます。
やっぱりいつまでもきれいでいたいですから、ケアを怠らないように頑張りましょう。

ナチュラルできれいな女性は外見だけでなく、内面もきれいな感じがします。
そんな女性に憧れます。
いつも自然体で笑顔を絶やさない、そんなちょっとした表情や仕草がその女性を魅力的にしてくれます。
魅力的な女性を見ると私も頑張らなきゃって思います。
肩肘はらず心に余裕を持っていれば、それがだんだんそのヒトを魅力的にしてくれると思います。

本を読んだり旅行をしたり、主人公は自分です。
主人公になりきって、非日常に身を置けば、考え方や仕草まで変わってくるのではないでしょうか?そんな経験は自分の領域を広げてくれそうな気がします。
何をするにもいい時期です。
思いっきりいろんなことにトライして、魅力的な女性に近づけるようにしたいものです。
車売る

  • Posted on 6. 5月 2014
  • Written by 守屋
  • Categories: 未分類
Leave a comment

今年度一年間は、公立高校の授業料は無料だったと聞いています。
しかし、来年度の入学生から有料になると先日どこかで聞きました。
現在中学校2年生になる我が息子は、来年は高校受験を控えています。
厳しい家計の中高校に通わせるという事は、並大抵の苦労ではない事も覚悟の上です。
今日はとある高校で合格発表と入学説明会がありました。
写真館に勤務している私は、その記録写真を撮影しながら、色々と説明会に喋っておられた内容を聞いていました。
それによると、授業料が有料になるとはいっても、全部の生徒に、という訳でもないようです。
所得の状況によっては、無料になる家庭もあるとの事でした。
また、申請さえすれば就学支援金などの制度もあるようです。
それを聞いた瞬間に、私はホッとしました。
折からの不景気で給料も大幅に減らされてしまい、高校受験を控えている息子にどうしたものかと、この所毎晩妻と相談する日々が続いていました。
中学校ではそこそこいい成績を取っているのに、お金がないから高校に行かせられないでは、あまりにも可愛そう過ぎます。
私自身も父親が突然蒸発して、高校3年生の1年間だけ授業料免除を受けた経験があります。
私たちがどんな苦労をしてでも高校だけは卒業させたい。今や我が息子に対してはそれしか頭の中にはありません。
お嬢様酵素

  • Posted on 12. 4月 2014
  • Written by 守屋
  • Categories: 未分類
Leave a comment

学資保険については、子供の教育資金としての積み立て型保険です。
18歳や20歳という風に満期年齢を設けることができ、満期時には積み立てた満期保険金を受け取ることが可能です。

月々積み立てていく学資保険ですが、満期の際に元本割れに陥る状況も発生する場合があります。

一端加入すれば、学資保険を見直すことはあまりないかもしれません。
学資保険であっても、定期的に見直したほうがよいということを念頭におきましょう。

学資保険には貯蓄型と保障型に分かれた保険があり、貯蓄型の保険のケースでは満期になったときの受取金額が支払額を下回ることはほぼありません。

ところが保障タイプの学資保険は医療保障なども加わっているため、それらの保障の分が加算されています。
つまり病気などになって保険が適用された場合にはお得な保険でもあるわけですが、病気などをせずに満期を迎えた場合は元本割れをする可能性もあります。

子供の教育資金を貯蓄することだけが目的で学資保険に加入しているなら、貯蓄型学資保険のほうがおすすめです。

学資保険に加入したからにはなるべく多くの保険金を受け取れるように、再び学資保険の見直しをしてみてください。

出産予定日の140日前から契約をすることができますので、早い時期から加入するようにしましょう。
学資保険は子供に十分な教育を施すために入る保険なので、可能なら貯蓄型保険でコツコツと教育資金を貯蓄することをおすすめします。

貯蓄型学資保険に入るなら、子供の医療保険が十分かどうか見直すことが望ましいでしょう。

  • Posted on 8. 2月 2014
  • Written by 守屋
  • Categories: 未分類
Leave a comment

朝、家族が遠出するということで、最寄駅まで送って行きました。
朝ということで、通勤ラッシュで道路が混んでいて多少時間がかかりましたが、 Continue reading →

  • Posted on 24. 1月 2014
  • Written by 守屋
  • Categories: 未分類
Leave a comment